育毛剤 体毛

体毛をチェックすれば育毛剤の効果が分かる?

抜け毛予防の育毛剤を使用した後に体毛が濃くなるという現象が表れることがあります。

 

これは、ミノキシジルを含む育毛剤を使用した場合に多い現象であり、経口摂取タイプで頻繁に見られます。塗布するタイプにもミノキシジルを含む製品がありますが、体の隅々まで運ばれることが少ないため頻度は多くありません。

 

タブレットタイプのミノキシジルは吸収された後に全身に回りますので体の隅々まで運ばれて体のあちらこちらの毛にも影響を及ぼします。逆に言うと、体の毛が変化しているということは、しっかりと効果が出ている証拠です。

 

頭頂部の薄毛

 

このような現象が見られるミノキシジルですから、塗布するタイプで体につけてしまうと、その部分の毛が濃くなるのではないかと心配する人もいます。

 

ミノキシジルを使うと血管が拡張されて毛母細胞の働きに必要な栄養素が補給されやすくなり、しっかりとした毛が生えてきます。

 

しかし、毛穴の無い場所にいくらつけても変化は表れません。ただし、毛穴のある部分に続けてつけてしまうと、その部分の毛が濃くなるということは十分あり得ます。

 

その場合でも、頭皮から吸収されて血管を通して運ばれた成分がそれほど大きな変化をもたらすことはありませんので、影響があったとしてもかなり軽微なものであり心配いりません。ですから、そこで抜け毛予防 育毛剤の使用をやめるのはもったいないです。

 

ミノキシジルによって最初に影響が表れるのは、足や腕や顔の産毛です。眉毛や背中の毛が濃くなる人もいます。産毛の生えている場所は濃くなりますが、体の毛に効果が表れているということは育毛対策の効果も十分期待できます。

 

タブレットには2種類あり、含有量が異なります。症状が気になる人は、含有量の少ない方に切り替えて様子を見るという方法もあります。